白内障の見え方
眼内レンズの見え方

“白内障の見え方<br />眼内レンズの見え方

白内障とは

 白内障は目の中の水晶体が濁る病気です。主に加齢が原因であり、だれでも年をとると白内障になる可能性があります。加齢のほか、目のケガや病気が原因となることもあります。
 白内障は手術で治せますが、放置しておくと水晶体の混濁が進み、視力がどんどん低下します。
白内障の見え方<br />眼内レンズの見え方

白内障の見え方

 白内障になると、ものがかすんで見えます。今まで見えていたものが見えにくくなり、メガネをかけても遠くの人の顔がぼやけたり、老眼鏡で今まで読めていた新聞が読みにくく感じたりします。水晶体の濁りが均一でない場合、光が乱反射してまぶしく感じることもあります。
 また視力の低下やかすみを感じなくても、急にメガネが合わなくなる場合なども要注意です。

一般的な白内障手術

 濁った水晶体をもとに戻すことはできません。そのため白内障の治療は、濁った水晶体を取り出して、代わりに人工の水晶体「眼内レンズ」を挿入する手術になります。
 白内障手術は、目薬の麻酔を用いて短時間で行えます。傷口も小さいため、日帰り手術が可能なこともあります。お仕事がある場合、手術翌日の検査で問題なければ早期に復帰できます。


眼内レンズの種類

眼内レンズの種類
 眼内レンズは、長い間、1ヵ所のみにピントが合う「単焦点眼内レンズ」が使われていました。その後、乱視を治す「トーリック眼内レンズ」、複数の焦点を持ち遠くと近くにピントが合う「多焦点眼内レンズ」が開発されました。
眼内レンズの種類

遠くと近くが見える多焦点眼内レンズ

 多焦点眼内レンズは、日本では2008年から先進医療として承認されています。遠くと近くが見えるので、老眼鏡や遠近両用のメガネを使っていた人は、メガネがほとんど必要なくなります。  一方、メガネに頼らず日常生活ができるのは大きな利点ですが、従来の単焦点眼内レンズに比べ、コントラスト感度の低下や夜間のグレア・ハローが課題でした。

▼▼▼詳しい情報を、ラジオ番組で聞くことができます▼▼▼ 眼内レンズの種類






最新の多焦点
眼内レンズ事情

最新の多焦点眼内レンズ事情

多焦点眼内レンズの進歩

 多焦点眼内レンズは2ヵ所にピントを合わせられ、1つのピントは遠く、もう1つは近くになります。
最初の頃の多焦点眼内レンズは、近くの距離が手元の30cmでした。新聞や本を読む距離ですが、人によっては近すぎる場合があり、その後、40cm、50cmにピントが合うレンズが開発されました。

人によって異なる“見たい距離”

 日常生活や仕事・趣味などライフスタイルにより、よく見る距離は一人ひとり異なります。様々な多焦点眼内レンズが登場したことにより、例えばパソコン作業が多い方は、近くの焦点距離を50cmに合わせるなど、焦点距離を選ぶことができるようになりました。

中間距離が見えることも大切

 生活シーンの中では、読書など近い距離、風景など遠い距離のほか、50cm~3mの中間距離を見る機会も多くあります。車の運転や、買い物や家事、趣味のスポーツなどを思い浮かべましょう。

生活シーンの中では中間距離を見ることも多い

遠くから近くまで自然に見える、新しい多焦点眼内レンズ

 最近では、中間距離が見やすく、遠くから近くまで自然に見える多焦点眼内レンズも登場しています。
これまでの多焦点眼内レンズの課題であった、コントラスト感度の低下や夜間のグレア・ハローも抑えています。多焦点眼内レンズの適応がさらに広がることが期待できます。
 眼内レンズの選択については、医師とよく相談して、自分に合ったレンズを選びましょう。

眼内レンズの種類

▼▼▼詳しい情報を、ラジオ番組で聞くことができます▼▼▼ 眼内レンズの種類




白内障患者様のための小冊子を
ご用意しました


自分に合った眼内レンズを選ぶポイントが紹介されています。
白内障患者様のための小冊子

先進医療を実施している
お近くの病院は・・・


多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は先進医療として認可されています。認可を受けている施設は、日本白内障屈折矯正手術学会のホームページでご確認ください。

日本白内障屈折矯正手術学会
お住いの地域ごとに検索できます

白内障治療について
もっと詳しく知りたい方は


ラジオNIKKEIの白内障番組「白内障と診断されたら」をお聞きください。白内障治療について、分かりやすく紹介しています。

白内障と診断されたら


レーシック(屈折矯正手術)にご興味がある方は
レーシックに関する
ラジオ番組をお聞きください
レーシックの有効性や安全性について、15分×2回の番組で音声とスライドを用いてご紹介します。
ラジオ日経番組
手術の精度や安全性に
優れた「iLASIK」について
先進のLASIK手術について、動画やイラストを用い、様々な角度からご紹介しています。
iLASIK